善玉元気の「生の口コミ」と「スゴイね!」って効果を徹底調査

金額だけを見ると「高いよね!」って感じだけど、実際に試してみると「なるほど、これはスゴイね!」って実感できました

アトピーが腸に関係するのはなぜ?私たちができる改善法も!

投稿日:

アトピーで毎日かゆくてツライ・・・。アトピーは常にストレスになるだけでなく、症状が悪化すると日常生活を送ることも困難になってしまいますよね。

アトピーは腸内環境との関係性が強いことでも知られており、アトピー患者の方は善玉菌の数が少なく、腸内環境が悪くなりやすいこともわかっています。

なぜアトピーと腸が関係しているのか、そしてアトピーを改善するのに私たちは何ができるのかを紹介していきます。

アトピーと腸の関係

アトピーは皮膚に症状が出る病気ですが、一体なぜ腸が関係しているのでしょうか。それは腸に免疫細胞が存在しており、腸壁がバリア機能の役割を果たしているためです。

健康な腸はバリア機能が正常に働くため、アレルギー物質が流れ込んでも体外に排出することができます。しかし腸内環境が悪化していると、バリア機能が壊れアレルギーを追い出すことができなくなってしまうのです。

そのため血液中にアレルギーが混ざり、免疫反応を起こすことで皮膚の乾燥や痒みを引き起こすのです。

アトピーを悪化させる原因は?

なぜアトピーの症状が出てしまうのか、この原因は未だにはっきりとは解明されていません。ただ一つ言えることは、腸内環境を悪化させる生活や食事が、アトピー悪化につながるということです。

それでは、腸内環境を悪化させる生活習慣にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

1.食事

アトピーと食事には非常に強いつながりがあり、不規則な食事や偏った食事を行っていると、アトピーが悪化することがあります。

例えば砂糖や脂肪分の摂り過ぎや、アルコールの摂り過ぎなど。これらの食品は悪玉菌のエサとなり、腸内環境を悪化させてしまうのです。

2.消化不良

食後に胸やけを起こしたり、胃が重く感じたりあまり食べていないのに満腹になってしまう場合は、消化機能が低下している場合があります。

しっかりと消化できない状態で大腸まで送り込まれてしまうことで、腸内環境が悪化し更なる消化機能の低下を招いてしまいます。

3.睡眠不足・ストレス

睡眠不足やストレスを感じる生活を続けていると、自律神経が乱れてしまいます。交感神経と副交感神経のバランスが崩れると、悪玉菌が増え下痢や便秘を起こしやすくなります。

腸内環境を改善しアトピーを良くするためには

腸内環境を改善するためのカギは、生活習慣と食生活の改善です。食生活だけを治しても、睡眠や運動不足の状態では腸はなかなかキレイになりません。大事なのは口にするものだけでなく、運動や睡眠、清潔な環境など様々なことに注意して生活するということです。

1.生活習慣の改善

運動や睡眠は腸内環境を整えるのにとっても重要です。しかし、汗によって痒みが強くなる方はウォーキングなどの軽い運動を行いましょう。

痒みがひどく眠れない場合は、痒み止めの服用や部分的にステロイドを塗るなどして、痒みと上手に付き合っていくことが大切です。

2.食生活の改善

食事は胃腸の負担を減らすために良く噛んでから飲み込みましょう。そして動物性の脂質は控えめにして、納豆や味噌、漬物などの発酵食品を積極的に食べることが大切です。

効率よく腸内環境を改善するならサプリが必須!

アトピー患者の方は善玉菌の数が少ないため、腸内環境を改善するには意識的に乳酸菌を摂ることをおすすめします。

効率よく腸内環境を改善するなら、実はサプリがとっても有効。むしろ欠かせないくらいです。なぜなら、サプリには腸内環境を改善するための有効な成分がギュッと凝縮されているからです。

中でもおすすめなのが乳酸菌サプリメント。ヨーグルトじゃ摂ることができない、厳選された成分を手軽に摂ることができるんです。そのため効率よく腸内環境を改善することができますよ。

効率よく腸内環境を整えるためにサプリが効果的であることがわかれば、あとはかゆくてイライラしない毎日を実感するだけです。

-善玉元気の効果

Copyright© 善玉元気の「生の口コミ」と「スゴイね!」って効果を徹底調査 , 2017 AllRights Reserved.