善玉元気の「効果」と「生の口コミ」を徹底調査

善玉元気は便通や免疫力アップ、肥満予防に効果的な短鎖脂肪酸を直接摂取できるオールインワンサプリです。90日間の全額返金保証付きだから、初めての方でも安心して購入できます。

肌トラブルの原因は腸内環境にアリ!かんたん腸活で健康肌になろう

更新日:

 

洗顔やスキンケアを丁寧に行っても、一向に肌トラブルが良くならないと悩んでいませんか。お肌のトラブルには様々な原因がありますが、考えられる原因の一つが腸内環境の悪化です。

腸内環境が悪化すると「便秘」だけではなく、「ニキビ」や「乾燥肌」「シミ」など、お肌のトラブルが起こりやすくなります。腸内環境が原因の肌トラブルは、どれだけスキンケアを行っも根本的な解決になりません。

この記事では腸内環境と肌トラブルの関係と、今日からできる腸活で健康肌になる方法をご紹介します。

腸内環境の悪化で肌トラブルが起こる3つの理由

1.毒素や老廃物などの「有毒物」

便は体にとって不要なもの。そのためできるだけ早く排出することが大切です。しかし、便が腸内に溜まり続けると、排出しなければならない毒素や老廃物などの「有毒物」が蓄積されてしまうのです。これらの有毒物は腸壁から外へ流れ、血液に溶け込むことで全身を巡ります。

肌には日々不要な汚れが溜まっており、その汚れを外に出す機能が備わっています。しかし有毒物を排出することに手間取ると、自然に排出されるはずの肌の汚れが排出されなくなってしまうのです。また血液中に毒素が混ざるとリンパの流れや血行が悪くなり、代謝も下がってしまいます。

その結果不要な汚れを落とすことができず、毛穴に汚れが詰まってしまうことでニキビなどの肌トラブルが起こるのです。

2.活性酸素

活性酸素とは酸化させる力を持つ酸素のこと。酸化することで有害な菌類を殺菌し、体を守ってくれる役割を持っています。

しかし腸内環境が悪化し活性酸素が過剰に生成されると、肌の酸化が進み肌トラブルが起こりやすくなります。

実はシミができる原因も紫外線ばかりではなく、腸内環境の状態が影響しています。蓄積された紫外線がシミになるのを防ぐためには、腸内環境を整えることが大切です。

また活性酸素が増えすぎると肌の老化が早まり、シワやたるみも発生しやすくなります。活性酸素が過剰に生成されるのは、乱れた生活習慣やストレスで腸内環境が悪化して、腸内に悪玉菌が増えることが原因です。腸内環境を改善して便通を良くすることが活性酸素の増えすぎを予防する近道となります。

3.免疫力の低下

内臓の中でも最大の免役器官でもある腸は、肌の免疫機能とも深いつながりがあります。肌には本来バリア機能が存在するのですが、腸内環境が悪化して免疫力が低下すると、肌のバリア機能も弱まって肌トラブルが起こりやすくなります。

肌のバリア機能が正常な健康な肌は角質層が整っており、肌表面を皮脂膜がブロックしているため乾燥することはありません。でも乾燥肌になるとカサカサで皮が剥けて皮膚がボロボロになってしますよね。

免疫力が低下してターンオーバーが乱れると、皮脂のコントロールが効かず皮脂膜が破壊されるため、キメが荒くなり常に肌が乾燥した状態になってしまいます。

肌トラブルを退治!今日からできる腸活10選

腸内環境の悪化からくる肌トラブルを治すためには、腸をキレイにする腸活を行うことが大切です。腸活を行い善玉菌が増えると、善玉菌の働きによって肌の代謝がアップし、潤いのある健康的な肌へと変化していきます。

では、腸活を行うためには具体的にどのようなことを実践すればいいのでしょうか。今から始められる簡単腸活法を見ていきましょう。どれも今日から行える簡単なものばかりです。

1.起き抜けに常温の水か白湯を飲む

腸活の始まりは朝から。まず、朝起きたらの常温の水か白湯を飲むことを習慣にしてみましょう。飲むときのコツは一気に飲むようにすること。一度にたくさんお水分が胃に入ることで腸も刺激され、ぜん動運動が活発になります。

2.一日1.5リットル程度の水分を摂る

腸内環境悪化の原因の一つが水分不足。便は食べ物の残りカスから作られます。このとき一緒に水分を吸収することで柔らかくなるのです。しかし水分が足りないと、便が固くなってしまい排便しにくくなります。

便を出すときに痛くて我慢してしまう方は、まず水分をたくさん摂るようにしましょう。目安は1日1.5リットル。ただし1.5リットルを一気に飲めばいいというわけではありません。

  • 朝起きたとき
  • 休憩中
  • スポーツするとき
  • 入浴するとき
  • 就寝前

これらのタイミングで、コップ一杯程度の水を飲むようにしましょう。体は尿や汗、睡眠中など、常に水分が失われているので、こまめに摂取することが大切です。

3.スナック菓子や甘いもの、脂っこいものは控える

スナック菓子や甘いものには「砂糖などの糖質」「油などの脂質」それらの加えて「添加物」がたっぷりと含まれています。実は、糖質や脂質や添加物は悪玉菌の大好物。そのためスナック菓子や甘いものは食べれば食べるほど悪玉菌が増えていき、腸内環境を悪化させてしまうので腸にとって大敵です。

4.主食をパンではなくお米にする

パンが主食の場合、加工肉や麺類がおかずになることが多いですよね。野菜の摂取量も減りビタミンやミネラルも不足する半面、カロリーや脂質も摂りすぎ傾向になります。

その結果、脂質や動物性たんぱく質の摂取が増えて、悪玉菌が繁殖して腸内環境が悪化しやすくなるのです。しかし、ご飯を主食にするとおかずに煮物や焼き魚など和食になること増えます。和食になることで自然とビタミンやミネラルを摂取することができるため、腸内環境は改善されやすくなるのです。

5.野菜や食物繊維の多い食材、発酵食品などを摂る

腸内環境の改善で重要となるのが乳酸菌と食物繊維。大切なのはその摂り方になります。例えば、便秘で宿便がたくさん残った状態で乳酸菌だけを摂取しても、便が邪魔をしてしまい、せっかく摂った乳酸菌が無駄になることがあります。

そのため便秘を解消したいときは、乳酸菌だけでなく食物繊維も併せて摂取するのがオススメです。なぜなら食物繊維は便に邪魔されずに善玉菌のエサになるからです。乳酸菌と食物繊維を摂取することで、宿便を外に排出しやすくする状態を作ります。

ある程度宿便が排出されたあとも、そのまま乳酸菌と食物繊維の摂取を続けましょう。徐々に善玉菌の数が増え、腸内環境が整っていきます。長期的に続けることで、腸内環境が悪化しにくい体質になっていくことができます。

6.お腹のマッサージを行う

腸内環境が悪化すると、排便を促す腸のぜん動運動の働きが弱まります。そのため、腸のマッサージを行ってぜん動運動を促進させることが大切です。両手をお腹に当て、右から左へ「の」を書くように動かしていきましょう。

腸の形に合わせてマッサージを行うことで、腸が刺激されぜん動運動が行われやすくなります。腸は平滑筋という筋肉で覆われています。平滑筋は腕や脚の筋肉とは違い、意識しなくても自然と動く筋肉。

平滑筋をマッサージで刺激し筋肉がほぐれることで、ぜん動運動が活発になり自然排出を促すことができます。そしてマッサージは腸の状態を確認したい時にも有効です。指の腹や手の平で腸の硬さやお腹の張りを確認し、定期的に腸の状態をチェックするようにしましょう。

7.入浴や運動で体を温める

お風呂はできるだけシャワーだけで済ませず、お湯にも浸かるようにしましょう。その際は38~39度前後のお湯にゆっくり浸かることが大切です。43度以上のお湯は乾燥肌を招く危険があるため注意しましょう。

また、こまめに体を動かしたり、リラックスできる環境を作るなど、血流を良くすることを意識しましょう。体の冷えが改善すれば内臓も温まるため腸内環境の改善につながります。

8.寝る前にパソコンやスマホをいじらない

お肌と同じように腸にもゴールデンタイムがあります。腸のゴールデンタイムは22時から2時で、この4時間は副交感神経が最も活発になる時間帯。副交感神経は交感神経とは反対で、体を休めているときに活発になる神経です。

交感神経と副交感神経をコントロールしているのが自律神経ですが、この自律神経が乱れてしまうと、腸の働きにも影響を及ぼしてしまいます。だからこそゴールデンタイムにパソコンやスマホをいじらず、しっかりと睡眠を取ることで、自律神経のバランスを整え腸の活動を正常化することが大切なのです。

9.十分な睡眠を取る

睡眠の質が下がると腸の働きが弱まり、結果的に腸内環境が悪化しやすくなります。睡眠の質の低下が腸内環境の悪化を招く原因をまとめると、

  1. 副交感神経が優位になりにくいため
  2. 自律神経のバランスが乱れるため
  3. 朝食を取る時間がなくなるため

これらの3つが挙げられます。睡眠時間が確保できない場合でも、できるだけ体をリラックスさせる環境を作り、質の高い睡眠を取るよう心がけましょう。

10.便秘薬にはできるだけ頼らない

排便が便秘薬頼みになると、自力での排便能力が衰え腸機能の低下につながります。便秘薬ありきではなく、どうしても出ない時に便秘薬は使うようにしましょう。

とはいえ、体の中に溜まった老廃物の7割は便から排出されます。老廃物が腸内にとどまることはさらなる腸内環境の悪化を招くため、「出す」ことを最優先にすることは大切です。

便秘薬を服用する際には、酸化マグネシウムなどが含まれた塩類下剤を選ぶようにしましょう。腸に刺激を与え無理やり動かす刺激性下剤とは異なり、超本来の機能を保ちながら排便を促すことができます。

腸内環境が改善されれば治れば肌もキレイに!

腸内環境と肌トラブルには深い関係があることがわかりました。肌トラブルの原因の全てが腸内環境というわけではありません。ただ腸内環境を改善することで肌トラブルが改善される可能性は十分にあります。

腸内環境が悪化する原因は不規則な生活。不規則な生活の元では、どんなに保湿効果の高い化粧品を使っても肌トラブルは改善しません。腸活をしっかりと行い、内側から丈夫な肌を作ることを意識しましょう。

保湿ももちろん大切ですが、まずは生活習慣と食生活を今すぐ見直し、腸内環境が悪化しない生活を送ることがキレイな肌を取り戻すためには大切です。

-腸内環境改善の効果

Copyright© 善玉元気の「効果」と「生の口コミ」を徹底調査 , 2018 AllRights Reserved.