善玉元気の「効果」と「生の口コミ」を徹底調査

善玉元気は便通や免疫力アップだけではなく、肥満予防に効果的な短鎖脂肪酸も直接摂取できるオールインワンのサプリメントです。90日間の全額返金保証付きだから、初めての方でも安心して購入できます。

ニオイの悩み解消で夫婦円満!やったのは腸内環境の改善

投稿日:

口臭に体臭、加齢によるニオイのせいで夫婦のスキンシップが激減した方もいるのではないでしょうか。ニオイは夫婦関係だけではなく、人生も左右する大きな問題。

でもニオイは「加齢」よりも「腸内環境」に原因があることが多いのです。特に便秘体質の方は要注意。便秘とニオイには深いつながりがあります。この記事では「加齢と口臭や体臭の関係」と「腸内環境の改善して口臭や体臭を解消する方法」について詳しくお伝えします。

加齢とニオイの関係

加齢が原因のニオイといえば「加齢臭」が広く知られています。「ベッド」「まくら」「車の中」など密着度の高い場所ほど加齢臭は残っているのですが、夫婦で長く暮らしているとニオイの変化に気づきにくいもの。

でも満員電車やエレベーターなどの密室の空間で、酸化した油のような独特な臭いを感じることがある方も多いのではないでしょうか。加齢臭はノネナールと呼ばれる成分が発生することで起こります。

この成分は若いうちは生成されず、女性ホルモンの作用で発生が抑えられるため、若い人や女性から加齢臭が漂うことはあまりありません。しかし、女性であっても油断はできません。

なぜならノネナールによる「加齢臭」と「口臭や体臭」の発生メカニズムはまったく別のものであり、口臭や体臭は年齢や性別を問わず誰にでも発生するものだからです。では、なぜ加齢とともに口臭や体臭がが強くなるのかを説明します。

加齢で口臭や体臭になる理由

「シワ」「たるみ」「白髪」など、年齢を重ねると体のいろんなところがほころび始めます。筋力が落ちたり声がかすれるのも、年齢を重ねてきたからこそです。加齢によるほころびは体の中でも起こります。

腸も例外ではなく、年齢とともに善玉菌が減っていき少しずつ機能が低下していきます。善玉菌が減って腸機能が低下すると、相対的に悪玉菌が増えて便秘になりやすくなります。便秘というのは「不要な便」が腸内にとどまり続けている状態です。

不要な便が悪玉菌のエサとなることで、腸内に毒素が発生します。さらに発生した毒素は腸壁から血液に混ざり全身を巡ります。血液を介して肺まで運ばれると、口臭となって体外に排出されるのです。また、血液に溶け込んだ毒素が皮膚から排出される際に体臭となって現れます。

便秘が続いてオナラが臭くなっている人は要注意。腸内で発生した毒素がガスとなって排出されている証拠です。オナラのニオイは口臭や体臭へのバロメーター。自分のオナラが臭くないか、時々確認してみましょう。

傷つけずにパートナーのニオイを指摘する方法

ニオイの問題はとてもデリケートなため、夫婦であっても単刀直入に伝えるのは非常に難しいものです。ストレートに指摘した場合、相手が大きなショックを受け、今後の関係にヒビが入る可能性もゼロではありません。

例えばパートナーの口臭を不快に感じている場合、今後も長く付き合う相手だからこそ何とか改善してもらいたいですよね。では、どうすれば相手を傷つけずに口臭を指摘できるのでしょうか。相手に口臭を指摘するためには、以下の3つの方法がおすすめです。

1.体調を気づかう

口臭は口内から発せられるものだけでなく、便秘など腸内環境の悪化から発生するものもあります。「なんだか疲れてる?」「胃腸が良くないんじゃない?」など、体調を気づかいながら「息のニオイが気になったから…」とさりげなく口臭について指摘しましょう。この伝え方なら、ストレートに臭いと言われるよりも傷つきません。

2.口臭をチェックしあう

「お昼ニンニク料理を食べたんだけど、私の息のニオイ気になる?」と自分の口臭について質問します。そのあと「あなたは餃子か何か食べた?」などと相手に口臭があることを伝えます。お互いにチェックし合うことで、さりげなく相手の口臭を指摘することができます。

3.口臭グッズを渡す

タブレットやサプリなど、口臭予防の効果があるグッズを渡してみましょう。ただ相手に渡すだけでなく、「私も使ってる」「たくさん買っちゃったから一つあげる」など、自分も使っていることを伝えるのがポイントです。

口臭グッズは渡しにくい…という場合は、息をさわやかにする効果のあるアメやガムを渡してみましょう。

気になる口臭をセルフチェックする方法

私たちの鼻は、同じニオイを嗅ぎ続けると次第に慣れ、ニオイを感じにくくなるという性質を持っています。そのため自分の体臭や口臭には鈍感になってしまい、自分で気づけないことも多いのです。

では、口臭があるかどうか確認するにはどうすればいいのでしょうか。以下の3つのセルフチェックを実践してみてください。

1.コップを使う

キレイに洗ったコップを用意します。コップを口元に当てたら、コップの中に溜める感覚で口から息を吐きましょう。息を吐いたらすぐにコップのニオイを確認します。嫌なニオイを感じた場合は、口臭がある可能性が高いです。

2.マスクを着ける

マスクを着けた状態で口から思いっきり息を出します。そのあとすぐに鼻からニオイを確認し、キツいニオイを感じた場合は口臭があるかもしれません。

3.ガーゼで舌の表面を拭く

ガーゼを用意し、舌の表面を拭きます。拭き取ったらガーゼのニオイや色を確認してみましょう。色が黄色っぽくなっていたり、悪臭を感じたりした場合は要注意です。

気になる体臭をセルフチェックする方法

一日着た服のニオイを確認してみましょう。わかりづらい時は、着用した衣類を袋に入れ密閉します。一日置いたあと袋の中のニオイを確認してみて、不快なニオイを感じた場合は体臭を発している場合があります。

また、ワキに黄色いシミが付着している場合はワキガである可能性も考えられます。

腸内環境を整えて口臭や体臭を改善しよう!

口臭や体臭は間違った方法だといっこうに改善しません。例えば、不要な便からでる毒素による口臭は歯磨きやガムなどでは根本的な解決にならないのです。しっかりと腸内感環境を改善して便秘を治し、口臭の元となる悪玉菌の繁殖を抑える必要があります。

腸内環境は生活環境や運動なども関係していますが、やはり大事なのが食生活。腸内環境を整えるためにはどのような食生活を送ればいいのでしょうか。

1.砂糖の摂取を控える

甘いものが大好きで止められないという人も多いでしょう。しかし砂糖に含まれるショ糖が悪玉菌のエサとなり、腸内環境が悪化してしまう場合があります。お菓子やジュースなどの摂取は控えるようにしましょう。

2.動物性タンパク質を減らす

肉や魚は保存が効かず腐りやすい食べ物。これは腸内でも同じです。動物性タンパク質は重要なタンパク源ですが、摂りすぎると悪玉菌のエサとなり、腐敗ガスを発生させやすくしてしまいます。特に肉は消化が悪く腐敗しやすいため注意が必要です。

動物性タンパク質はある程度食べることは大切ですが、大豆製品やナッツ類など、植物性タンパク質もしっかり食べるようにしましょう。

3.乳酸菌を積極的に摂る

乳酸菌は善玉菌の一種で、腸内環境を改善する働きを持っています。乳酸菌というとヨーグルトを思い浮かべますが、動物性乳酸菌は腸まで届きにくいという特徴があります。

そのためヨーグルトだけでなく納豆やキムチ、漬物などの植物性乳酸菌も同時にとってバランスが偏らないようにすることも大切です。乳酸菌を積極的にバランス良く摂れそうになければ、乳酸菌サプリで補っていくこともひとつの方法です。

>>おすすめの乳酸菌サプリはこちら

おわりに~口臭や体臭は損でしかない

臭いニオイを発している人に対して、ポジティブなイメージを抱く人はほとんどいません。例えば口臭が強いと「歯を磨いていないのではないか」、体臭がすると「着替えていないのではないか」「身だしなみに気を使わない人なのでは」などと思われてしまうこともあります。

家ではとっても頼もしい素敵なパートナーも、口臭や体臭がひどければそれだけで評価が下がってしまいます。口臭や体臭は百害あって一利なし。ニオイのケアは最低限のエチケットです。

面倒であっても毎日行うことが大切です。激減した夫婦のスキンシップは、ニオイの悩みを解決から始めましょう。

-腸内環境改善の効果

Copyright© 善玉元気の「効果」と「生の口コミ」を徹底調査 , 2018 AllRights Reserved.