短鎖脂肪酸が直接摂れる!善玉元気の効果と生の口コミを徹底調査

善玉元気は便通や免疫力アップ、肥満予防に効果的な短鎖脂肪酸を直接摂取できるオールインワンサプリです。90日間の全額返金保証付きだから、初めての方でも安心して購入できます。

アンチエイジングは腸内環境の改善から!

更新日:

加齢とともに気分も沈みがちな時が増えた・・・。そんなふうに感じているなら、まずは腸をアップデートして「前向きな気持ち」を取り戻しませんか。

40代50代は太りやすくなったり、便秘になったり、体調を崩しやすくなったりと不具合を感じやすくなりますよね。それに「子供のこと」「夫のこと」「親のこと」「仕事のこと」「お金のこと」など、自分以外の心配事も増えてくる時期にもさしかかってきます。

とはいえ、全ての心配事から逃れることなんてできませんよね。だからこそ、腸を元気にして前向きな気持ちを取り戻すことが大切です。なぜなら気持ちが前向きになると、起こっていることの解釈も前向きに捕らえることができるようになるからです。

腸が元気になると、便秘が改善してお肌の張りが良くなったり、太りにくくなったりするものです。また風邪をひきにくい健康体になることもできます。つまり腸を元気にして気持ちが前向きになると、自分自身が若返ることができるのです。

今の沈みがちな気分や体調の不具合は単なる加齢ではなく、腸が実年齢よりも老けていることが原因かもしれません。アンチエイジングは腸内環境の改善から!まずは自分の腸が実年齢よりも年をとっていないかを確かめてみることから始めましょう。

アンチエイジングのカギは腸の若返りから

同じ年齢でも、老けて見える人と若く見える人がいますよね。その差は年を重ねれば重ねるほど顕著です。見た目年齢が変化するのには様々な原因がありますが、そのうちの一つが腸年齢。

腸は体の免疫システムの約7割を占める臓器。腸内環境が悪くなると、体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。反対に腸内環境が良く腸年齢が若いと、体の内側も外側も健康的で若く見えるというわけですね。

腸年齢をチェックしてみよう!

これから13の項目をあげていきますので、いくつ当てはまるかチェックしてみて下さい。

  1. 硬くて便が出にくい、いきまないと出ない
  2. お腹がゆるくなる時がある
  3. 便やおならが臭い
  4. 残便感がある
  5. タバコを吸う
  6. 肌荒れしやすい
  7. 寝付きが悪い
  8. 運動をする習慣がない
  9. ストレスを感じることが多い
  10. 食事が不規則
  11. お酒をよく飲む
  12. 肉が好き
  13. 乳製品を食べない

いかがですか?5つ以上当てはまる方は、腸年齢が実年齢より10歳以上老けている可能性があります。さらに8つ以上当てはまる方は、将来重い病気を発症してしまうリスクも!

 腸の若返りは可能

腸年齢が実年齢より10歳以上老けている可能性がある方もガッカリする必要はありません。

なぜなら、腸年齢は何歳からでも若返らせることができるからです。

腸年齢が実年齢よりも高い方は、腸内細菌のバランスが崩れている可能性があります。つまり善玉菌よりも悪玉菌のほうが多い腸内環境になっているということです。腸内細菌のアンバランスを逆転しない限り、腸は若返りません。

腸を若返らせるためにやるべきことは、悪玉菌を退治して善玉菌が多くなるように腸内環境を整えてあげること。腸が元気になることイコール、アンチエイジングになるのです。

腸年齢を若返らせるために必要なこと

腸内環境を整え腸年齢を若返らせるためには、生活習慣の改善が欠かせません。では、どのような生活習慣を送ることが重要なのでしょうか。

1.しっかり運動、しっかり歩く!

運動は腸のぜん動運動をサポートしてくれます。とはいえ、必ずしも思いっきり体を動かす必要はありません。歩くだけでも十分効果はありますので、まずは一日8000歩を目標にウォーキングを行いましょう。

2.便の状態をチェック!

トイレのたびに便をチェックのは少し抵抗があるかもしれません。しかし便は健康状態を現すバロメーター。臭いや色、大きさなど、毎日チェックすることで健康状態を把握することができます。

3.乳酸菌と食物繊維を摂ろう!

乳酸菌と食物繊維。どちらも善玉菌を増やし、お通じを改善してくれる効果があります。ヨーグルトや野菜、大豆製品など、バランスよく摂取するようにしましょう。

4.水をしっかり飲む!

実は便の多くは水分でできています。もし水分が不足してしまうと、便がカチカチになり出せるものが出せなくなってしまうのです。また朝に一杯のお水を飲むことで、腸が刺激され朝の排便を促すことができます。一日1.5リットル程度を目安に、お水やお茶で水分を摂取するようにしましょう。

酵素もアンチエイジングの味方

アンチエイジングのために注目されているのが酵素の働き。しかしデリケートで壊れやすい酵素は、正しい方法で摂取しなければあまり効果がありません。胃腸と酵素の関係、酵素の効果的な摂取方法をご紹介します。

消化酵素

酵素には食べ物を消化する働きがあります。この酵素を消化酵素というのですが、消化酵素が不足すると消化不良となり、食べ物の分解がうまくできなくなってしまうのです。その結果消化されずに残った食べ物が長時間腸にとどまり、悪玉菌のエサとなって腸内環境を悪化させてしまいます。

体に良いとされている食べ物を毎日摂取していても、消化機能が低下していては意味がありません。栄養価の高い食品の摂取も重要ですが、消化機能を高めることも意識する必要があります。

食物酵素

体内に存在する消化酵素とは異なり、食べ物から摂取できるのが食物酵素です。食物酵素には炭水化物やタンパク質、脂質を分解するものがあり、消化吸収を助けてくれます。消化機能を助けるためには、食品から食物酵素を摂取することが重要です。

酵素が含まれる食品と注意点

酵素が含まれる食品

消化吸収を助けてくれる酵素はどのような食品に含まれているのでしょうか。代表的なのは野菜や果物です。野菜はキャベツや大根、トマトやほうれん草、ニラやじゃがいもなど。果物はアボカドやバナナ、キウイやリンゴなどがあります。

酵素を摂取する際の注意点

酵素がデリケートで壊れやすい成分であることは先ほども触れました。では具体的にはどのような点に注意して摂取すればいいのでしょうか。

1.加熱を避ける

酵素は耐熱性がなくわずが60度前後で壊れてしまう性質があります。酵素は熱を加えず生のまま食べることで、効率的に摂取できるのです。とはいえ生の野菜や果物は暈が多く食べづらいので、スムージーやドリンクにして取り入れるといいでしょう。

2.しっかりと噛む

食べ物をしっかり噛むことで、唾液からアミラーゼという消化酵素が分泌されます。アミラーゼが消化吸収を助け、食物酵素の働きをサポートしてくれます。

3.栄養バランスを意識する

酵素はビタミンとミネラルを同時に摂取することで効果的に働きます。そのため、ビタミンとミネラルを多く含む食品を食事に取り入れることが大切です。また酵素は野菜や果物以外にも発酵食品に多く含まれているため、発酵食品も意識して食べるようにしましょう。

4.お酒やタバコは酵素の大敵

アルコールやタバコに含まれるニコチンは、酵素の働きを阻害してしまいます。せっかく酵素を摂取しても、飲酒や喫煙をしていると努力が水の泡に。これらの嗜好品はできるだけ控えるようにしましょう。

まとめ

加齢とともに沈みがちが気分も、腸を元気にすることで前向きな気持ちを取り戻すことができます。この前向きな気持ちこそが、アンチエイジングにつながっていきます。

とはいえ、腸内環境は今すぐ変化するものではありません。改善に取り組んで3週間後に変化を感じ始めることができたら早いほうです。1ヶ月~2ヶ月後に腸内環境の改善が始まること十分あり得ることだという認識は必要です。

カラダにとり入れるべき成分で足りない部分はサプリメントで補っていくこともできます。多少金額がかかってもサプリで補うことができて自分が若返ることができたら、安いお買い物になる可能性もあります。

アンチエイジングは自分が楽しみながら続けることが大切。結果が出ずに焦ったり、ストイックになりすぎてストレスを抱えてしまうのも本末転倒ですからね。まずは自分の出来るコトからしっかりやっていくようにしましょう。

-腸内環境改善の効果

Copyright© 短鎖脂肪酸が直接摂れる!善玉元気の効果と生の口コミを徹底調査 , 2018 AllRights Reserved.